営業

KIRYU
MAMI

桐生 真美

政治経済学部
地域行政学科 卒業

第二事業部
2018年入社

CAREERキャリア

第二事業部 第一システム担当へ配属。入社以来、金融領域のソリューション営業業務に携わる。

01

入社動機

IT業界を中心に就活を行い、名古屋に本社がある企業を探していました。NTTデータグループについて調べている際に当社の存在を知り、選考に応募しました。グループの地域会社ということで地域に密着した仕事はもちろん、日本全国で利用されているシステムにも携わることができる点が決め手となりました。また、選考を進めていく中で面接官の方が「私が提供できるプラスワンがどのようなものか?」を引き出そうとしてくださったことも印象に残っています。

02

仕事内容

金融機関のお客様に、当社のソリューションを提供する、ソリューション営業を担当しています。ふだんは客先でのソリューション提案や、お客様からいただく問い合わせや困りごとへの対応をしています。また、より多くのお客様にソリューションを有効活用いただくため、説明会や勉強会などのさまざまな施策を検討・提案しています。お客様に納得いただける施策を考えるのは一筋縄ではいきませんが、先輩や上司にアドバイスをいただきながら“自分なりのプラスワン”を提供できる点にやりがいを感じています。

03

仕事をする上で、
大切にしていることは?

社内外にかかわらず「挨拶」と「お礼を伝えること」を大切にしています。社内では担当ごとに分かれて仕事をしているため、顔や名前は知っているけれど仕事をしたことがない人もいます。「今はまだ仕事をしたことがないけれど、もしかしたら今後一緒に仕事をすることになるかもしれない。その時に気持ちよく仕事が始められるように!」という想いをこめて、気持ちの良い挨拶を心がけています。また、周りに助けてもらうことや教えていただくことが圧倒的に多いので、お礼の気持ちをしっかりと伝えるようにしています。

04

あなたの「プラス1」エピソード

自分が担当するソリューションをより活用いただくための施策として説明会の開催を提案し、それが実現できたことです。そのお客様には半年にわたってさまざまな施策を提案してきましたが、なかなか納得いただけず実現できていませんでした。その半年間は、提案時にいただいたコメントを反映し、先輩や上司にアドバイスをいただきながら試行錯誤する毎日。お客様がどのような施策を求めているかをずっと考えていたので、「やりましょう!」と言っていただけた時のことを鮮明に憶えています。

05

同僚、先輩や後輩と
普段どのように仕事をしていますか?

個々の意見をとても大事にしてくれるチームだと感じています。提案の大枠をまず自分で考え、先輩や上司にレビューすることで内容をブラッシュアップしていくのですが、「自分はこうしたい」という想いを先輩・上司に伝えると、それをしっかりと汲んで協力してくれます。その一方で、意見や考えを求められるシーンも多いため、描いているイメージが曖昧でうまく伝えることができない時には自分の甘さを痛感します。

MESSAGEメッセージ

学生へのメッセージ

就活中は自分自身について考えることが多く、たくさん悩みました。自己をふり返り、価値観についての考えを言葉にするのはかなり大変でした。しかし、この時期に苦労した「言葉にする」という行為がかなり重要なんだと、社会人となった今になって実感しています。「人と比べて特技と言える特技がない」「エントリーシートに書ける成功体験がない」などと悩んだ時期もありましたが、悩んでいてもしょうがない!と最後は気合いで乗り切りました。

1DAY SCHEDULE1日のスケジュール

09:00

出社/メールチェック

出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。

10:00

営業施策の検討、資料作成

お客様にソリューションを活用いただくための施策を検討し、資料を作成します。

12:00

昼食

気に入ったお店に通いつめることが多いです。

13:00

打ち合わせ/レビュー

自分で考えた施策を先輩や上司に相談・レビューをしてもらいます。

16:00

提案準備

翌日にお客様訪問がある場合には提案内容の確認や資料を準備します。

17:30

退社

同期や同じチームの人たちと飲みに行くこともあります。