NTT DATA Trusted Global Innovavtor

株式会社NTTデータ東海

Web調達

お客様とサプライヤをつなぐ、Web調達ソリューション

企業様にとって、コストダウンは常に意識すべき課題です。購買・調達部門様においては、調達業務のプロセス・戦略の見直しによるコストダウンの実現に向けての見直し・改革ニーズが高まり、各社各様の取組はもう始まっています。そのようなニーズに最適な答えが、「Web調達ソリューション」です。

調達業務コストの削減。

ビジネスコンプライアンスの強化

intra-martフレームワークが提供する高い拡張性

Web調達 活用のメリット

01.リードタイムの短縮

購入依頼元部門-購買部門-サプライヤがシステム上で情報をやり取りすることにより、リードタイムを短縮すると共に、連絡ミスによるロスの削減に貢献します。

02.帳票保管コストの削減

システム上で情報をやり取りすることで、見積書等の紙書類の保管コスト削減に貢献します。

03.業務の標準化・効率化

単価契約品、都度見積品それぞれの形態に合わせた業務フローにより業務の標準化・効率化に貢献します。

04.戦略的調達の実現

購買部門がコントロールタワーとなってサプライヤや価格を決定することで、戦略的な調達、コストダウンに貢献します。

05.相見積による最適な選択

システム上で簡単に複数社からの相見積、見積比較ができることで最適な選択に貢献します。

06.ノウハウの蓄積・活用

過去の見積、調達内容を参照、ノウハウ化することで適切な価格、サプライヤ選択に貢献します。

Web調達の特長

購買にかかわる一連の業務をトータルサポート

購買にかかわる一連のプロセスを標準化&電子化。
Webを活用することでサプライヤとの関係を強化し、購買業務全体の効率化とプロセスコストの削減を実現します。

Web調達の全体業務フロー

使い易さを追求したインターフェース

オペレーションミスや増加を防ぐため、使い易いインターフェースを追求しました。

ヘッダ項目の表示/非表示を切り替え 一覧を多く表示

使い易さを追求したインターフェース

使い易さを追求したインターフェース

コンプライアンス対応

イントラマートのワークフロー機能を活用した内部統制対応。
また下請法(下請代金支払遅延等防止法)に対応した機能も実装しています。

コンプライアンス対応
項目 課題 解決策
購買業務規定 権限規定にもとづいた、審査・承認の徹底
  • 権限規定にもとづいた、多段階承認ワークフロー
  • 購入金額に合わせた承認ルート対応
  • 承認済み案件のみ、発注可能
証跡保持
(エビデンス)
いつ・誰が・何を登録/変更したか申請・承認を誰が行ったかを管理する必要がある
  • データ登録/変更時に入力者・入力日時を記録
  • ワークフロー申請者・承認者・日時を記録
  • 検索機能による過去データ検索
購買業務の統制 購買業務を一元化・統制管理したい
  • 全社共通で利用する購買システム
サプライヤ選定 適正なサプライヤ選定
紙ベースの見積情報による情報の分散
  • 見積比較をシステム上で集約化
  • サプライヤ見積内容をシステムで蓄積し情報化

おすすめサービス

図面と部品表をリンクする
サービスパーツソリューション

SOA+BPM基盤としたWeb型の
ビジネスプラットフォーム

統合型フレームワーク&アプリケーション
によるSOA・BPMプラットフォーム

柔軟性と信頼性をもった
総合クラウドサービス