NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ東海

地域社会・環境への取り組み

NTTデータグループ 環境保護シンボルマーク「やさしさをありがとう」

より良い環境と社会を次の世代に。
今を生きる私たちの課題であると考えます。

NTTデータグループの環境活動は、基本的な活動としての紙資源節減・廃棄物削減・温室効果ガス (電気使用量)削減はもちろん、情報システム開発そのものにも環境保護という視点を取り込み、ハードウェアに係る環境負荷をさらに低減し、稼動削減や人や物の移動の削減による環境効果を促進するシステム開発に取り組んでいます。

NTTデータグループ環境方針

私達は、現在深刻な地球環境問題に直面しており、企業は環境保護活動を経営課題として取り組み、地球と社会が直面する環境の課題解決への貢献が求められています。

情報技術で、新しい「しくみ」を創造するNTTデータグループは、システムやソリューションを提供していくことにより、人や物の実際の移動を代替或いは節減することで環境保全に貢献します。また、その一方で事業活動が環境に大きな影響を与えていることを真摯に受け止め、より豊かで調和の取れた社会の実現に貢献するため、環境保全活動を継続的かつ計画的に推進していきます。

1. 環境に配意した事業の推進

事業活動における環境への影響を低減させるため、可能な限り定量的な目的・目標を設定し、定期的に見直しを図りながら継続的改善に取り組みます。

  • 1. 環境に配意したシステムの開発を進めていきます。
  • 2. グリーン購買に積極的に取り組みます。
  • 3. 省資源・省エネルギー施策の展開、物品の利活用・リサイクルの推進・廃棄物の削減などにより汚染の防止と資源消費の抑制を図っていきます。

2. 法規等の順守

事業活動推進において、環境側面に関する適用可能な法規及びその他合意した事項を順守します。

3. 啓発活動の推進

環境教育・環境社会貢献活動などを通して、社員及び協働者ひとりひとりに対し、環境に関する啓発活動、意識の向上を図っていきます。

4. コミュニケーションの推進

社内外のステークホルダーとの積極的な環境コミュニケーションを進めていきます。

地域社会への取り組み

NTTデータ東海では、幼くして病気・災害・震災・自死遺児となった子どもたちへの社会貢献活動の一環として、毎年実施される「あしながPウォーク10」に参加しています。
毎回60名ほどの社員・家族が参加し、愛知県、静岡県の会場を歩いています。

また、地域の環境保全への貢献を目的とした社員有志による拠点ビル周辺の清掃を定期的に実施しています。

あしながPウォーク10への参加の模様
あしながPウォーク10への参加の模様
社員有志による拠点ビル周辺の清掃活動
社員有志による拠点ビル周辺の清掃活動