NTT DATA Trusted Global Innovavtor

株式会社NTTデータ東海

スタッフブログ 葵通信

記事一覧

「ラッセーラー!」青森ねぶた祭

更新
2019/09/11
カテゴリ
その他

「ラッセーラー!」青森ねぶた祭画像

第三事業部 営業担当 大柳です。

8月に青森ねぶた祭に初参加してきました!
大型ねぶたと大型太鼓、「ラッセーラー、ラッセーラー」の掛け声とともに大勢のハネト(ねぶたの運行を盛り上げる踊り子のこと)が町を練り歩き大迫力のお祭りでした!

ねぶた祭りでは、青森駅前の大通りを約20台のねぶたが道を占領して2時間かけて運行します。
大通の両サイドには、地元の方や観光客など大勢の人が場所を埋め尽くし、中には午前中から場所取りをする人もいるようです。
観客席から「ラッセイラー」と声を張って盛り上げると、ねぶたを近くまで引いてきてくれて迫力満点です!

NTTグループとしても大型ねぶたを出陣しており、来年はハネト衣装を着て踊る側として参加するのもいいなあと思った次第です。
衣装のレンタルや販売を行っているお店も多く、衣装を着れば誰でもハネトとして参加可能ですので、ねぶた祭に行った際には是非!

余談ですが、知見があるとよりねぶた祭を楽しめるかと思いますので、ねぶた祭の歴史を少し紹介します。
−ねぶた祭の歴史−
記録に現れた最も古いねぶた祭は、1716年〜1736年の享保時代まで遡ります。
当時は灯篭を持ち歩き回るお祭りでしたが、次第に踊りがつくようになります。
1800年に入るとねぶたが大型化し、人形ねぶたも創案されました。
1873年のねぶた禁止令が発令されたこともあり、さらに大正から昭和にかけて戦争で中止といった悲しい歴史を経て、戦後復興の意味も込めて今日の盛大なねぶた祭に繋がってきたようです。
ねぶたはハワイへの渡航や、万博への出展も行われてきたようで、世界の「NEBUTA」となっているのかもしれませんね。

第三事業部 第一営業担当 大柳

第33回NTT全国バスケットボール大会

更新
2019/09/11
カテゴリ
その他

第33回NTT全国バスケットボール大会画像

2019年8月3日、4日に北海道の札幌市にて「第33回NTT全国バスケットボール大会」が開催されました。
全国のNTTグループから合計約40チームが集まり、当社からも2チームが参加し、日頃の練習の成果を発揮しました。
(試合の結果は下記の通りです。)

●試合の結果●
 チーム(1)
  NTTデータ東海Plus1 28-67 PHOEBUS
  NTTデータ東海Plus1 42-19 FKBC
 チーム(2)
  NTTデータ東海Plus1Senior 28-91 B★cchus
  NTTデータ東海Plus1Senior 102-19 エクシオボンバーズS

 我々のチームは、最年少24歳〜最年長59歳というバラエティあふれる爽やかメンズ構成で、全国の猛者たちと戦い抜きました。4戦全勝とまでの華々しい結果にはなりませんでしたが、「公式試合で100点ゲーム達成!」という快挙を成し遂げました!

 こういったスポーツのイベントを通して、グループ各社とのつながりを強めることが出来て良かったです。また、来年も参加したいと思います。

第三事業部 第一営業担当 鈴木

実践!デザインスプリント!

更新
2019/08/20
カテゴリ
その他

実践!デザインスプリント!画像

こんにちは。長かった梅雨が終わり、暑い夏がやってきました。
名古屋は、既に外に出ると湿気と暑さでむんむんしております。

さて、弊社第三事業部には、SWITCH活動というものがあります。
SWITCH活動では、普段所属するチームの枠を超えて、新たなチームを組んで様々な取り組みを行っています。
私は、今年度からHPチームに属しており、皆さんが今ご覧のこのHPをさらに良くする活動を行っています。

先日、新しい取り組みとして新入社員研修BootCampチームとHPチームのコラボ活動として、製品紹介ページ改善に向けた「デザインスプリント」を実施しましたので様子を紹介します!

デザインスプリントとは、最近流行り(?)の「デザイン思考」の考え方をよりビジネス的に活用するためのフレームワークです。
当社お客様との案件で、昨年実際に経験させていただいたことから、私がファシリテーションを行い、実践してみました。

今回は課題の共有〜アイデアの決定までを、2日間に分けて実施しました。新入社員に加え、若手社員から部長まで参加して、HPでの製品紹介ページの改善に向けたアイデアを出し合いました。
結果は・・・、今年度中に決定したアイデアを元に実際のページ改善を進める予定なので、ぜひ実際のHPを見て、確認していただければと思います!
(更改時期は未定です!笑)

個人的に、ファシリテーターとしては、色々反省点はあるので、ぜひ継続的に活動を続けて精進したいと思います。
第三事業部だけでなく、現在弊社では「DX」領域の拡大・強化に全社で取り組んでおります。

私たちの得意分野であるシステムはあくまで「実現方法」です。
「何を実現するとお客様のビジネスがより発展するか」をお客様と一緒に考え、システムを用いて実現することまでお手伝いできるパートナーを目指します!

第三事業部 第一営業担当 溝口

都市対抗野球。いざ江戸へ!

更新
2019/08/20
カテゴリ
その他

都市対抗野球。いざ江戸へ!画像

お客様の硬式野球部が都市対抗野球に出場されるということで、
張り切って東京ドームへ応援に行ってきました。

白熱する投手戦の中、1点リードで順調に進んでいきました。
この調子で行けるかと思った8回に悪夢は突然やってきました。。。
残念ながら、逆転され1点差で負けてしまいましたが、久しぶりに大声で応援しました。
応援が足りなかったのでしょうか。来年を楽しみにしています。

午前中の試合だったので、午後は、NTTデータの展示スペースなどをお客様と視察しました。
まずは、豊洲にあるINFORIUM(最新技術のデモンストレーションや、未来創造コンテンツが体感できる展示スペース)でVR体験等を行い、
続いて、六本木にあるAQUAIR(デザイン思考のデザインスタジオ)でVR会議のデモ及び開発背景等を伺ってきました。

午前中の試合結果は残念でしたが、視察等も含めて、私にとっては有意義な一日でした。
お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

第三事業部 第一営業担当 篠崎

黒部川第四発電所を見学させていただきました

更新
2019/08/01
カテゴリ
その他

黒部川第四発電所を見学させていただきました画像

第三事業部 篠田です。
関西電力様のご案内で、黒部川第四発電所の見学をさせて頂きました。

出発地点は、富山県の宇奈月温泉。
ここから終着駅の欅平まで、峻嶮な山あいをぬって、次々に現れる絶景を見ながら、トロッコ電車で登っていきます。
途中、いくつもの橋を渡り、トンネルを抜け、約1時間弱の道のりです。
トロッコ電車の終着駅である欅平から黒部第四発電所までは、一般観光客は入ることのできない地下施設。つまりトンネルの中です。トンネルの中を工事用のバッテリカーや、インクラインと呼ばれるケーブルカーを乗り継いでいきます。
途中には、発電所建設用に山の中をくりぬいて作られた、地上5階分に相当する高低差約200m竪坑エレベータや、トンネル掘削時には、表面温度が160度にもなり、多くの尊い犠牲を出して完成した高熱隧道とよばれるトンネルもあります。
高熱隧道の付近では、今もまだ地熱を感じることができ、先人達の苦労に思いを馳せながら、心の中で、中島みゆきの「地上の星」を口ずさみました。
たどり着いた黒部第四発電所は、現在は遠隔コントロールされた日本最大の水力発電施設。水力発電の仕組みを丁寧にご説明いただき、巨大なタービンが回る様子も至近距離で見学させていただきました。
そして、最後は壮大な山脈の中に、土木建設技術の英知を結集して建設された、通称、くろよんダム。大自然の中に建設された巨大ダムからは、ちょうど観光放水がされており、豪快に水が放出されている様子を真上から覗きこむと、太陽の光をあびて美しい虹がかかっていました。
黒部ダムからは、最新式の電気バスに乗車して、長野県大町市側に抜けます。
このトンネルには、小説「黒部の太陽」で描写されている、「大破砕帯」とよばれる難工事の部分がありますが、バスではほんの一瞬でとおり抜けてしまいます。

約5時間ほどかけての施設見学会は、その行程のなかで大自然の絶景を堪能し、そしてその自然に挑み尊い犠牲を出しながら建設されたトンネルや発電所、巨大ダムなどの施設を目の当たりにでき、一生の記憶に残る、大変貴重な体験となりました。
関西電力の関係者の皆様、本当にありがとうございました。

黒部ダムを観光で訪問するときには、是非下記の書籍をご一読下さい。
「高熱隧道」(吉村昭著)
「黒部の太陽」(木本正次著)

黒部ダムの開発にまつわる、先人達の壮絶な大自然との闘いの様子を事前にインプットしたうえで現地を訪れると、一層の感動を得られます。

Shinoda